ステンレスダッジオーブンでラックラク♫ SATO-910のご紹介!

そろそろ夜中の1時ですが、商品レビューです〜

Greed Camper44です!今日はダッジオーブンのお話(・∀・)

もう10月ですね〜

昼間は過ごしやすく、夜は少し冷える日が増えましたね。

他のキャンパーさんはどうか分かりませんが、Greed Camper44家

は真夏のキャンプよりは秋冬の方が好きかな〜と思う今日この頃。。。

その理由は3つ

  1. 暑いのは苦手、秋冬の方が空気が澄んでる感じだから。
  2. 秋冬は焚き火をする機会が多くキャンプをしてる感じがする。
  3. 外で食べる飯が美味しい季節だから。

っということで、キャンプ料理の幅を広げるべく、家族でダッジオーブンの購入を検討することに。

嫁のマッキーと共に、ネットのレビュー(もち密林さんもね〜)を参考にしました。

そこで出た結論が・・・・・

SATOのステンレスダッジオーブン!!

※イメージがSATOのサイトより拝借〜〜

SATOステンレスダッジオーブン

し・か・し・・・・高い!

高すぎる〜〜(◎-◎;)

いや〜、最初に聞いた時は耳を疑いました。

でもでもでも・・・・・

すき焼き・・・ちゃんこ鍋・・・ラーメン鍋・・・・

ローストビーフ・・・ローストチキン・・・豚の角煮・・・ポトフ・・・・

唐揚げ・・・・天ぷら・・・ピザ・・・パン・・・

全部美味そう〜〜

家族揃ってのキャンプ飯のポワ〜ンとしたイメージには
勝てません(^_^;)

そう、家族愛です!
決して物欲に負けた分けではないのです〜〜( ;´Д`)

今回は密林さんより安かった”ヒマラヤ”で購入。

4人家族なのでST-910をチョイス。
確か諭吉さん2枚ほどでしたが。。。。(((( ;°Д°))))

SOTOステンレスダッチオーブン10インチ ST-910

で、開封〜♫

SOTOステンレスダッチオーブン10インチST-910

SOTOステンレスダッチオーブン10インチST-910

普通のキャンパーさんは黒い鋳鉄製のダッジを使ってる方が多いいですよね〜

ウチもそうしたかったんですが、鋳鉄製はシーズニングや手入れが面倒くさそうで・・・(ーー;)

使用後は火にかけて乾燥、植物油を塗布して保存など
ズボラキャンパーとしては大変な作業なんです。

ま、そんな手間暇かけて”自分だけのダッジ”を育てるのもステキだな〜と思いますがねヾ(。・ω・。)

あと、ステンレス製だと手入れとかしなくてよいし、普段でも家で使えて便利ですよ♫

簡単に”SATOステンレスダッジオーブン”を選んだ理由 》

  • 圧力鍋やオーブンとしても使える
  • 錆びに強くて抜群の耐久性
  • 急激な温度変化でも割れません
  • IHクッキングヒーターでも使える(200Vオール熱源対応)
  • ステンレス製だから保温性が高い
  • お手入れいらずでラックラク♫

で、使ってみました〜♫

SOTOステンレスダッチオーブン10インチST-910

自宅で少量の油で唐揚げ〜〜

蓋が重く、少し圧力鍋の効果があるせいか、短時間でしっかり火の入ったパリッとした仕上がりでしたヽ(´ー`)ノ

からあげ

で、こちらはビーフシチュー

SATOステンレスダッジオーブン

正直、手軽に出して使える普通の鍋と違い、すっごく重たくて、場所もとるけど、もう手放せないアイテムです♫

さあ、次は何を作ろうかな(^_-)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク