耐寒温度マイナス5℃!マミー型シュラフ 丸洗いもOK♫

みなさん、ポチってますか?
ただいま密林さんでの買い物を嫁さんに監視
されているGreed Camper44です!

密林さんでのポリチ率が高かったため、嫁のマッキーに監視されております(^_^;)

あまり高価な物をポチってないので見逃して欲しいところではあるが、とりあえず言う事を聞いておこう。。。怖いし( ;´Д`)

で、今日はこないだのキャンプでデビューしたシュラフについてご紹介♫

実はシュラフはこれで3タイプ目。
最初は何も考えずにホームセンターで1500円位のシュラフ
を2個購入。

たしか夏用で快適温度15℃位だったと思うんだけど、夏場はこれ1枚でOK、むしろ暑かったかも(^_^;)

次に秋冬キャンプ用にロゴスの適正使用温度2℃を購入。たしか密林さんで購入当時4,000円だったので、さすがにお値段もUPしました(T ^ T)

写真の中央(グリーン)のがロゴス製。左右がチェック柄シュラフ(中面)が最初にかった安物ね(^_^;)

ロゴスのシュラフについては後ほど使用感などご紹介しますね。

ロゴス製シュラフ最低温度マイナス2℃

で、今回の主役である、このマミー型シュラフが人生3個目のシュラフでございます!

いつもの如く、密林さんからお荷物がやってきましたψ(`∇´)ψ

密林さん荷物

開封すると、、、こんなの出てきました。
透明の袋に入った簡易的な包装でしたが、箱とか邪魔になるし、こっちの方がいいね♫

aria frereシュラフ

シュラフの袋についている前後左右のベルトがグッド!

結構サイズを小さく絞れる魔法のベルトでした〜ヽ(´ー`)ノ
これで少しは荷物をコンパクトにできます。

サイズ感としてはこんな感んじ〜

aria frereシュラフ

aria frereシュラフ

ブランド名が・・・・”aria frere”
う〜ん、何ともリアクションがとれない知らないブランド。。。

aria frereシュラフ

ま、そんなことは気にしない〜
Greed Camper44は、コストパフォーマンスが高ければOKっす

実際に10月10日のキャンプにてデビューしました。
コットの上にペロリンと敷いてみました〜

aria frereシュラフ

で、私の本日の寝床へ・・・・
はたしてこのポジションで、奈良の山奥かつ10月上旬の夜をこすだけの能力を発揮するのか。。。

ちなみに夜の温度は7℃でした。

aria frereシュラフ

生地のボリュームから少し心配ではあるが、顔部分が絞れるのでその効果に期待したいところだ(^_^;)

aria frereシュラフ

aria frereシュラフ

そして翌朝、そこには変わり果てたGreed Camper44の姿が、、
とはならず、無事生還しました。

使用感をまとめると・・・・

1.3,000円の割にはフカフカで満足でした♫

2.いつも封筒型シュラフなので足元がせまかったな〜

3.足元のみ少し冷えた〜

サイズなどはコチラ

  • 耐寒温度:-5℃~10℃(快適温度0℃)
  • 素材:外側(APEX COCOON FABRIC 100%) 中綿(3Dファイバー)
  • サイズ:230×80×50㎝ 収納サイズ:20×38㎝(筒型)
  • 重量:1450g

耐寒温度マイナス5℃と表記されていますが、体感的には0〜3℃が限界かと( ;´Д`)

フリース&暖パン&ソックスで寝ましたが、足元のみ少し冷え
ました(^_^;)
あとは快適でしたよ〜

ググると、どのシュラフも耐寒温度と実際の快適温度は、これ位違うらしいので、価格を考えるとこんなレベルなんでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク