焚き火にベストな”薪”についてまとめてみた

キャンプの度に、キャンプ場や最寄りのホームセンター・道の駅などで薪を購入するのですが、意外と薪にも種類があるようで、燃え方や煙の量、またパチパチはじく感じも違っていることに気がつきました。

そこで、薪について大した知識もなかったので、良い機会だと思い少し調べてみましたので、簡単に紹介したいと思います。

皆さんの焚き火ライフに役立てば幸いです。

薪になる木”広葉樹と針葉樹”とは?

薪

薪燃料となる木には大きく分けて広葉樹針葉樹といった2種類があるようです。
焚き火にもっとも適しているのは広葉樹と言われています

これは燃焼時間が長く熱量が多いからです。
針葉樹は樹液が豊富で激しく一気に燃えるため、最初の”焚き付け材”として使用するのが良いようですね。

初めて知りましたwww

例えば針葉樹である”松の木”は火力がすっごく強く焚き火に合っているように見えますが、油を相当含んでいるため、煙の量がものすごく、この火力を利用して鍋やヤカンで料理をすると真っ黒になります。ちなみに松ぼっくりも同じくよく油を含んでおりますので同様です。

では他にどのような”薪”があるのか紹介してみましょう。

焚き火にベストな広葉樹の種類はこちら

薪

オススメ1:樫(カシ)

ブナ科コナラ属の樫。比重がとっても重くて硬い木です。熱量と燃焼時間については定番人気のナラよりも優れており薪の王様とも呼ばれているようです。比較的入手しやすく人気が高く備長炭としても利用されるようです。

オススメ2:楢(ナラ)

こちらもブナ科の楢。熱量・燃焼時間ともに優れており、流通量も多く入手しやすい人気の薪です。非常に扱いやすく多くのキャンパーから愛されているバランスのとれた薪です。ナラにはミズナラ、コナラ、カシワなどの種類がある。いずれも同様に扱いやすい。

オススメ3:椚(クヌギ)

ナラと同じくブナ科に属する椚。他の薪と比べて乾燥時間が非常に短く、抜群の燃焼時間と熱量を併せ持ち合わせ、薪の中では少し高く高級品とも言われる木ですね。

オススメ4:欅(ケヤキ)

ニレ科の欅。その硬さと耐久力から高級家具に使用されることの多い。燃焼時間は人気のナラに劣ってしまうけど、おき火を作るのに適しているらしい。

オススメ5:白樺(シラカバ)

カバノキ科の白樺。北の方ではど定番の広葉樹の一つ。着火性が高く樹皮の部分はライターで少し炙るだけで非常によく燃えます。しかし”火持ち”がすっごく悪いので、焚き付けに向いている薪といえます。

他にも、ブナ・桜・リンゴ・アイアンウッドなどがあるようです。

焚き付けにオススメの”針葉樹”

薪

オススメ1:杉(スギ)

日本の人工林としてはもっとも多く生息しつつ、またもっとも入手し易いのがこの杉の木。火持ちは広葉樹に比べると劣るが、入手し易く火がつき易いことから焚き付けには最適といえる。杉だけだと燃焼時間も短くすぎになくなってしまうので、他に燃料になる薪がない場合は量を調整して使うことをオススメします。

オススメ2:松(マツ)

火力はとても強く、もっとも油を含むので煙の量が非常に多い。またタールなどにより日に当てた鍋やシェラカップなどは真っ黒になるので注意が必要。ただし、薪ストーブなどの炉内が
200℃前後の温度に投入する場合は煙が少なく制御しやすくなるようですね。

オススメ3:檜(ヒノキ)

着火性は抜群で非常によく燃えます。燃えた後の灰が少ないのが特徴で後片付けが楽です。ですが火持ちはかなり悪いので使用には注意したい。また檜は”ヒノキ風呂”などにも使われているように、置いておくだけで独特の香りが楽しめる木としても有名ですね。

まとめ

薪

薪に適した木

薪に適している条件とは・・・・・

  1. 熱量が大きい
  2. 火持ちが良い
  3. 含水量が少ない
  4. ヤニが少ない
  5. 入手しやすい

この5つの条件を満たしていれば最高の焚き火が楽しめ、また焚き火を使用した料理も楽しくなりますよ。

もっとも扱いやすく人気のある薪は・・・・・
1位=クヌギ

2位=コナラ

となるようです。

特に気をつけたいこと

スギは火の粉が飛びやすいので、テントのそばやナイロン衣類を着ている場合には要注意。またクロマツはヤニ臭い煙が出てススも多いので調理には向きません。他に肌が弱い人はウルシ科の木はひどくかぶれてしまうので焚き火には不向きのようです。また、煙が髪の毛や手についただけでも臭くなるミツバロウマツギ科の使用もあまりオススメできません。

では、薪を選ぶポイントとは?

堅くて重い木は火付きは悪いものの、逆に火持ちはよくススも少ないから扱い易いのでお料理にも最適。特に“焚き火の理想的な燃料”はブナ科の”クヌギ・ナラ・シイノキ・ヤマザクラ”など言われています。

他にも色々な薪がありますが、各々の性質を十分理解して使用するのが良いかと思います。

薪は切り方(大きさ)を工夫(大きくする)するだけで火持ちが良くなることも多いようなので色々とチャレンジして試してください。

ちなみに・・・・

キャンプ場で売っている薪には針葉樹が多いらしくヤニが多く黒煙がたくさん出ます。また割と小さく割ってあるので火持ちもよくありません。どこのキャンプ場やホームセンターでも5〜10kg(1束)で500〜800円位で販売されていますね。

価格を考えれば妥当かもしれませんね。確かに1束あれば”一晩”は持ちます。入手しやすくコストも安いのでキャンプ場の人たちも貴重な収入源ですしね(汗

今後は広葉樹を取り入れて焚き火の使用量を調整しながら、最適な燃焼時間を達成できるようにチャレンジしてみたいと思います。

自分で広葉樹の薪を調達できそうな人は下記の三種類に分けて用意すると理想的なようです。

  • 細い枝(焚き付け、着火用)
  • 中くらいの太さの薪(温度急速上昇用)
  • 太い薪(置き火用)

キャンンパー各々のスタイルで考え方は様々かと思われますので、ご参考程度にしていただければと幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク