モルツ缶でロケットストーブを作ってみたwww ーその1ー

冬場のキャンプで暖をとる方法を探していると”ロケットストーブ”というワードが目に入り、気になったので調べてみた。これが貧乏キャンパーであるgreedcamper家にピッタリなナイスアイテムで、”高性能かつ低予算”で簡単に制作できそうでしたので、思い切って制作してみました。

今日はその制作方法や性能について紹介したいと思います。

1:完全燃焼!?煙が出なくて燃費も良く火力は抜群!

シェラカップ

ロケットストーブは、ドラム缶やレンガ、土などで築く暖房設備で、1980年代にアメリカで発明されました。手づくりできるシンプルな構造にもかかわらず、従来型の薪ストーブと比べて燃焼効率が格段に高く、使う薪の量は、3分の2から2分の1程度。完全燃焼に近いため煙もほとんど発生せず、筒の上部を使って調理もできるというすぐれものです。

出典:ロケットストーブ | くらしの良品研究所 | 無印良品

さらに調べていくと、ロケットストーブの由来は、熱を送りだすヒートライザーと呼ばれる部分がロケットの噴射口に似ているところからついたようです。確かに言われてみればそのまんまですねww

すぐれた熱効率から「エコストーブ」とも呼ばれることもあるようです。

なぜ少量の薪でも火力が高いのか?

普通に焚き火をすると、水平に360度吸気・燃焼して熱は全方向に拡散します。次に昔ながらの暖炉は、吸気口を下側に限定して外気を吸い込み、上昇気流を利用して煙突内の空気を一方向に押し出します。これがロケットストーブの原型のようです。

ロケットストーブとは、煙突部分を断熱することで煙突内の温度が上がり、それにより上昇排気力が高まることで燃焼効率も上がり火力もUPされるようです。

この断熱された煙突部分がロケットストーブの心臓部である”ヒートライザー”です。

ロケットストーブは、まず燃料である薪が燃えることによる”一次燃焼”、次にヒートライザー部分の温度が高まることで生まれる”二次燃焼”効果により、もっとも完全燃焼に近い形となり強力な火力を生み出すらしい。

不思議と煙がほとんど出ない

一時燃焼により発生したガスが、ヒートライザー部分で二次燃焼することで完全燃焼に近い形となるため煙は殆ど発生しない。着火時や薪をくべて吸気口を塞いだ時は、燃焼効率が一時的に下がり一時的に煙が出てきます。

燃費が良い

ヒートライザーによる二次燃焼効果で完全燃焼に近い形となるので、無駄に薪を消費しない。焚き火でお湯を沸かすのと比べると、少ない薪で素早く沸騰させる力を持っています。

それでは難しい話はここまでとして、実際にロケットストーブを製作してみましょう。

2:モルツ缶でロケットストーブを製作

ロケットストーブ

よくネットで見かけるが、ペール缶や一斗缶にて製作されている方が多いですね。このサイズだとキャンプ時の持ち運びが少し不便そうなのと、ペール缶をゲットするのに少々時間がかかりそうだったので、今回は”初号機”ということで、親父の誕生日用に買ったモルツ缶が入っていたモルツ缶ケースを活用してチャレンジしたいと思います。

材料

  • ステンレス製 煙突Φ106×1m 1本 ※半部位しか使用しません)
  • ステンレス製 エビ曲げ45度Φ106 1個
  • ステンレス製 T曲げ煙突Φ106 1個
  • モルツ缶ケース Φ170×H260mm 2個
  • パーライト20L
  • モルツ缶ケース結合用ネジ 4セット
  • T曲げ煙突固定用ボルト 1個セット
  • 燃料投入口用にΦ106程度のキャップ 1個
  • 針金・銅板・アルミホイル少々

費用は4000円位です。
※モルツ缶は含めておりません。

工具

  • 金切りバサミ 1本
  • プラスドライバー 1本
  • 電動ドリル 1機
  • マジック
  • 軍手

サイズを測って穴を開けます

ロケットストーブ

まずは紙に煙突を乗せてマジックで円を描きます。もちろんテキトーにwww

私はモルツ缶ケースに入っていたこの台紙を使用。コピー用紙の方が柔らかくて便利なのでオススメします。

ロケットストーブ

このように台紙をケースに当てて、煙突を差し込む穴を開けます。

電動ドリルで中央部分に穴を数箇所開けて、あとは金切りバサミで中央より放射状にカットするとスムーズに作業が進みます。

放射状にカットしたら、中央部分の余分な部分をカットする。あとでT曲げ煙突を差し込んで固定する時にカットする量を調整してください。

ロケットストーブ

ロケットストーブ

モルツ缶ケース上部よりT曲げ煙突を突っ込みます。この時T曲げ煙突の蓋が付いている部分を下に向けて、モルツ缶ケースに開けた穴に差し込んでください。ペール缶であればこれでOKですが、モルツ缶ケースは全体的にサイズが小さいので、T曲げ煙突の長さを少しづつカットして調整してみました。

ロケットストーブ

放射状にカットした部分が少し危ないので、トライポッドを製作時に使用した銅板が余っていたので、切り口に巻きつけてから、煙突をモルツ缶ケースにワイヤーで固定します。

ロケットストーブ

まだT曲げ煙突がぐらつくので、電動ドリルで穴を開け自宅に転がっていたM5ボルトナットで固定しました。

ロケットストーブ

ロケットストーブ

次にモルツケースを2段にして煙突のカットするサイズを確認します。

購入したΦ106×1mの煙突を金切りバサミで必要な長さ52cmにカットします。

ロケットストーブ

次にもう一つ(上側)のモルツケースの天板部分をぐるっとカットして、底面にΦ106煙突の先が出てくる穴を開ける。金切りバサミでバンバン切れちゃうので以外と作業は楽ですが、手を切らないように軍手などしてくださいね。

ロケットストーブ

モルツケースを重ねるとこんな感じです。

ロケットストーブ

ボルトナットのセットで4ヶ所固定します。

ボルトでの固定が済んでから、中のT曲げ煙突に、先ほどカットしたストレートの煙突を差し込みます。煙突の波撃っているカット面を下側にした方が入りやすいです。私は入りづらかったので少し縦に切れこみを入れました。

ロケットストーブ

ロケットストーブ上部の一部を少しカットして、断熱効果を高めるために、パーライトを入れます。見た目が美しくないので、カットをためらいましたが、この構造上だと上部蓋部分をカットしないとパーライトがめいいっぱい入れられないので、手を抜いてしまいましたwww

ロケットストーブ

パーライトをめいいっぱい入れました。おそらく10Lも入っていないと思います。

ロケットストーブ

最後にエビ曲げ45度とキャップを差し込み完成。キャップは未使用時にアルミホイルで中面よりふたするために使用します。

ロケットストーブ

ロケットストーブ

使用の終了時にこのようにフタをして中の燃焼カスがこぼれないようにします。あと煙突上部もフタをすることで”火消し壷”効果で鎮火します。

ロケットストーブ

こんな感じにね。

このフタはモルツ缶ケースの上蓋を再利用しました( ´ ▽ ` )ノ

次回はロケットストーブ初号機の着火テストを報告したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク