夏キャンプ 虫対策は これで決まり!

あまりの暑さでバテぎみになっている
オッさん@グリキャンです。

キャンプ行きたいけど、こんだけ暑いとね。。。。(^^;

標高1000m級の避暑地キャンプ場を探し求めていますが、流石のハイシーズンというのか、どこも予約がいっぱいで空いてませんね〜〜〜

過去に夏キャンで、標高がほぼ”0″のキャンプ場に連泊したことがあり、熱帯夜&無風という恐ろしいキャンプを経験してからというもの、この時期のキャンプ場選びは慎重になります。

この時期は標高が高い、もしくは森林の中にあるキャンプ場をおすすめします(^^;

さて

今日はキャンプにつきものの、虫さん対策について対策グッズのご紹介。

夏の蚊・ブヨ 対策におすすめ

この時期のキャンプで避けられないのが蚊やブヨですよね。我が家も毎年それなりに被害にあいます。特に私はあまり対策を講じてこなかったので、長期間痒いだけではなく、毎年虫刺され跡がのこってしまい、お肌もボロボロに(^^;

1:まずは予防

とにかくまずは予防。やるとやらないでは、その効果は桁違いかも(^^;

富士錦 パワー森林香(赤色)

ここ2年位リピートしてますが、普通の香取線香に比べると、非常に効果が高いおすすめの一品です。毎回テントの設営が完了したところに、サイト周りに2〜3個設置すると効果が高かったように思います。

実は全く気がつかなかったのですが、専用ケースも販売されており携帯性も高く非常に効果の高いアイテムだと思います。

私はホームセンターで売っていた安物ケースに入れて使ってますが、身体にぶらさげて携帯するって発想がそもそもありませんでした(^^;

●ロゴス アロマタブキャンドル

防虫成分である”シトロネラ”の香りで害虫や蚊を寄せつけない効果があるようです。アロマ好きの方には特におすすめですね。火を灯す前からも臭いますので、置いているだけで少し癒される感じです。

我が家はテーブルにキャンドル代わりに2個程度置いています。

●ハッカ水

●虫除けバンド

●虫よけスプレー

残念ながら刺されてしまったら、できるだけ早めに応急処置をしましょう。処置が遅れてかきまくると刺された跡が残りやすくなりますので注意ですね。

●ポイズンリムーバー
かゆみ成分を含んだ毒液・トゲなどを吸い出す道具です。私もここ数ヶ月間つかってみましたが、たしかに痒みが改善されました。特に刺されてすぐに処置すると即効果ありです。

●塗り薬・張り薬(パッチ)
言わずと知れたこれ・・・ですね(^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク