UNIFLAME焚き火テーブルにsnow peakカスタム(ガビングフレーム編)

luxe メガホーン2

そろそろ気温も下がりはじめ、本格的に冬キャンシーズン

薪ストーブや石油ストーブが活躍する季節ですね。

@グリキャンも何らか暖房アイテムを手に入れるべく、嫁のマッキーにゴマすり中〜

昨シーズン、ストーブなしの”マイナス5℃極寒ソロキャンプ”を経験し、自分のMぶりに驚かされました(ー_ー;)

みなさん、やせがまんしての冬きゃんは

死にますよ!(,, ゚Д゚)

さてさて、

今日は以前紹介したキャンパーのド定番アイテム”UNIFLAME焚き火テーブル”を更に使い易く自分仕様にカスタムするべく、色々とやってみたので紹介します。

UNIFLAME焚き火テーブル カスタムの目的

FIELDOORポータブルコンパクトチェア

ぽっちキャンプをより快適に!

おっさんになると、極力動きたくないものです(; ^ω^)

できるだけ必要な物は身の回りにまとめ、最小限の動きで快適なぽっち(ソロ)キャンプを楽しむべく、ベースとなるであろうテーブル廻りに手をいれました。

カスタム その1 ”snow peak ガビングフレーム”

snowpeak ガビングフレーム

UNIFLAME焚き火テーブルを持っているユーザーなら、おそらく一度は導入を検討したことがあるのでは?っという位、ド定番な”snow peakガビングフレーム”のインスト。

▼snow peakガビングフレーム

snowpeak ガビングフレーム

snow peak製品でもっとも庶民的価格でゲットできるという噂のアイテム。

商品詳細

サイズ:255×320×44mm

重量:350g

適合天板サイズ:厚さ10〜15mm

価格:1,100円(TAX別)

▼本来は、snow peak製の”フィールドキッチンテーブル竹”にセットして使われるアイテムのようです。

フィールドキッチンテーブル竹

snowpeak ガビングフレーム

出典:snow peak

誰が最初に思いついたのか、これを他社製品であるUNIFLAME焚き火テーブルに使っちゃうとは、先人の知恵はすばらしいっす(*´∀`*)

▼もー、Amazoneでもこんな感じで売ってるし

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-6-00-57

それではカスタムの紹介

snowpeak ガビングフレーム

▼袋から出したら、テーブルの左右どちらかにこんな感じで装着

snowpeak ガビングフレーム

▼ただ付けるだけだとこうなります。

snowpeak ガビングフレーム

う〜ん、やっぱり不安定ですね(^_^;A

本来はもう少し”厚み”のあるテーブルで使用するアイテムですが、UNIFLAME焚き火テーブルの天板は薄いので、上記画像のようにガビングフレームが傾いてしまいます。

このまま使用されている方も多いようですが、@グリキャンは更に手をいれます。

▼ホムセンで内径10mmゴムキャップをゲット!

snowpeak ガビングフレーム

▼天板の厚みがたりなきゃ、ガビングフレームの足を高くってね♪

snowpeak ガビングフレーム

snowpeak ガビングフレーム

▼はい、完成!

snowpeak ガビングフレーム

▼ゴムキャップ無し

snowpeak ガビングフレーム

▼ゴムキャップ有り

snowpeak ガビングフレーム

あるとなしでは見た目と安定感が違いますよ(´∀`)

▼普通に装着するとこれで完成ですが・・・

snowpeak ガビングフレーム

さ・ら・に、先人の知恵を参考に手を加えていきます。

▼貧乏キャンパーの救世主100円ショップ”ダイソー”にてゲット

UNIFLAME焚き火テーブル

UNIFLAME焚き火テーブルの使用スペースを増やすべく、このステンレストレイをsnow peakガビングフレームの上にのせてみました。

▼幅サイズが微妙に合わないが強引に力技でエイ!

UNIFLAME焚き火テーブル

▼ふ〜 入りました(;゚∀゚)

UNIFLAME焚き火テーブル

しかし、このままでトレイが下に落ちるので、工具箱に落ちてたステンレス製ワイヤー0.1mmをグリグリと2ヶ所にまきました。

▼こんだけまきゃ〜切れんだろ♪

UNIFLAME焚き火テーブル

UNIFLAME焚き火テーブル

▼ここから三段階にLEVEL UP!!

UNIFLAME焚き火テーブル

▼LEVEL1

UNIFLAME焚き火テーブル

UNIFLAME焚き火テーブル

まずはステンレストレーを追加することでテーブルスペースを拡大。トレイは前後に動くので下のLEVEL2・3でゴミ捨て時に便利そうです♪

▼LEVEL2

UNIFLAME焚き火テーブル

UNIFLAME焚き火テーブル

本来の役目であるゴミ袋を追加。ゴミ箱と物置スペースとしてスペースを有効活用。

▼LEVEL3

UNIFLAME焚き火テーブル

更にガビングフレーム中央にゴミ袋を追加。これで、燃えるゴミと空き缶などの分別を可能に!ここまでやると分別する度にトレイを取らないといけませんが、定期的に空き缶だけを捨てるようにすれば、以外と快適に使えますよヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

収納について

UNIFLAME焚き火テーブル

UNIFLAME焚き火テーブル

他のキャンパーさんブログを見ると「ガビングフレームがかさばる」と声が見受けられたですが、個人的にはこのような感じにバンドで固定してしまえば、そんなに気にならないサイズ感ではないかと思います。

実践投入

UNIFLAME焚き火テーブル

こぎたなくてすんません(; ^ω^)

おや?

なにやら焚き火テーブルの木の部分に何か付いてますね?

このカスタムは改めて紹介させていただきますね( ̄∀ ̄*)イヒッ

詳細はコチラ

”UNIFLAME焚き火テーブルにsnow peak カスタム(ハンガー編)”

補足情報

snow peak類似商品として、colemanがガーベッジフレームという商品をだしており、こちらも同様に使用することが可能なようです。

41oxhciqal-_sl1000_

この商品は足の高さを調整できるようになっているので、snow peakガビングフレームより良いかもです。その反面でテーブルの厚みがありすぎるとハマらないらしいので、UNIFLAME焚き火テーブル以外でも使用を検討される場合は注意が必要です。

あとsnow peakガビングフレームに比べ、価格も若干高くなっていますので、ライフスタイルにあった方を選択されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク