三角帽子が素敵な”Luxe outdoor メガホーン2”購入レポ その2

メガホーン2

はい、おはこんばんは @グリキャンです

カードを取り上げられても物欲がとまらない今日この頃。。。

一日一善・・・・

1日1ポチ・・・・

ポチッとな、、、、、、

ふ〜、今日も
ええことしました〜( ̄∀ ̄*)イヒッ

今日は前回の“三角帽子が素敵な”Luxe outdoor メガホーン2”購入レポ その1”

に続き、メガホーン2のインナーや各所の詳細などについて書いてみます。

Luxe outdoor メガホーン2 各部をチェック

やはり気になる香港製クオリティー(´・ω・`)

どんなもんかいな。。。

メガホーン2

シャキっとしてない仕上がり・・・さすが俺っち(; ^ω^)

▼まずは正面入り口をオープン

メガホーン2

出入り口のグリーンのヒモがついたファスナーをグイ〜っとあげると・・・

▼はい、オープン〜Σd(>∀<*)

メガホーン2

ペロンとめくるとスカートのついたメッシュが登場。もちろん、前後2箇所にある出入り口両方ともメッシュになるので、夏場は良い風が通ります♫

▼出入り口は雨や風が入ってこないようになってるようです。

メガホーン2

な、なんと!フライシートのファスナー部分(出入り口)がマジックテープで固定できるようになっている。こ、これは。。。。いたって普通ですね(^_^;A

香港製だとナメていたが、とりあえず安心できそうだ。ま、気持ち縫製が荒く見えがちだが気にしないで先にすすもう。

▼ま、これもよくあるフックを固定するループですね。

メガホーン2

メガホーン2

出入り口のフライをクルクルまいていくと、黒いフックが裏側ら現れます。上下2箇所で固定します。

ま、普通でしょ。普通。。。ふ・つ・う

ここはね(; ^ω^)

▼問題はこれ、何かわかるかな?

メガホーン2

中のオッサンも十分に怪しいですが、今回は別ですよ〜〜、気がついたかな。。。

実はこの出入り口のメッシュだけど、開けると固定するところがないのだ。いやもしかしたら私の勘違いか!? 誰か解決策あったらおせーてください(;゚∀゚)

ま〜、とにかく邪魔なので、持ち合わせの洗濯バサミで固定しましたがww

▼それにしても、ところどころで”Luxe”やドメインを主張します

メガホーン2

メガホーン2

ここまでドメインを主張するこだわりが笑えるwww

日本メーカーにはなさそうなこの露出具合がツボにはまります(*´∀`*)

▼6面全部のスカート部左右にこのようにループがあります。(全12箇所)

メガホーン2

ペグで固定するだけで、すきま風の侵入を防いでくれます。他のメガホーンユーザーのサイトで見かけたのですが、張り方を工夫すると隣のループと2つを1本のペグで固定することも可能なようだ。私も次回やってみようと思います。

▼ロープやループには反射素材が入っているみたいです

メガホーン2

ライトやフラッシュなどに反射するらしいので、夜中のトイレなどで足をひっかけることもなくなるかもv(・∀・)yeah!

▼でだ、ちょっとここで問題発生・・・

メガホーン2

メガホーン2

メガホーン2といえば、この三角帽子なのですが、実はこの帽子を固定するループの位置がバラついており、すごくテンションが高いところと、テンションがゼロでフックがかからないところがあったり、全く手の施しようがない感じ。

▼ループの位置が最大でこの位違います

メガホーン2

▼左右比較するとこんな感じ
メガホーン2

▼テンションなさすぎでフックが留めれません(^_^;A

メガホーン2

実は設営時にこのおかげで30分以上も悩み、フライシートのテンションを調整したり、ペグを抜いてみたりで散々でした(ー_ー;)

結果、購入先であるアウトドアベース犬山さんにメールを送信したところ、不良品ということでフライシートを交換してもらうこととなりました。

しかし、残念ながら人気のメガホーン2、すでに在庫は完売しており11月中に入荷する予定とのこと。このブログを書いている11月19日現在、まだ入荷していないようです。

とりあえず気長に待つしかないですね(; ^ω^)

▼ついでに三角帽子が綺麗に張れなかったので、他ユーザーさんがやってたことをマネてみました。これで綺麗に張れるかな(; ^ω^)

メガホーン2キャップ

それではお待ちかねの幕内に突入したいと思いますΣ((>ω< ;*)ノ

▼まずはこちらのメッシュ!

メガホーン2

幕のセンターにそびえ立つポール。画像のように、ポールの周りにメッシュが見えます。実はコレ、幕の上部がフルオープンとなっており、三角帽子かぶっても隙間から虫などが侵入してくるので、メッシュをギュっと絞って虫の侵入を防いでくれます。

メガホーン2

このとおり!ヒモをグイグイ引っ張ると絞れます。ちなみに引っ張った分ヒモがだら〜んと垂れ下がってしまうのが邪魔なので適当にポールにクルクル巻きます(・∀・∩)

▼次にインナーを設置します

メガホーン2

インナーは幕の前後出入口のどちらかに設置。

なお、インナーにも前後あるので設置する時は気をつけましょう。

▼こっちが前側になります。

メガホーン2

メガホーン2

マジックテープでポールに固定できるようになっています。

▼ではインナー上部をポールに固定

メガホーン2

メッシュインナー上部に金具付きのヒモがあるので、これを幕のポール上部にある穴にひっかけます。ひっかける穴は好みで調整といったところですね。(穴が5〜6個あります)

▼次に下側4箇所を固定

メガホーン2

こんな感じ♫幕の本体にフックが付いているので、引っ張って4箇所を固定します。

ちなみに・・・・・・・・・
あらためて書きますが、インナーの前後向きには注意しましょうねψ(`∀´)ψ

インナーは全面ほぼメッシュとなっており、夏は快適ですが冬はアミタイツばりに凍死のリスクが高まりそうな予感(;゚∀゚)

もちろん害虫から身を守るってことでいうとアリ程度。

ま〜どちらかというと、メガホーン2ユーザーはインナーは使用せずにコット派が多いですよね。冬場はストーブ類やナンガなどの超高級シュラフで快適にすごせているみたいですし。

必ずインナーが必要ってわけではないですよねwww

しかし、どー見ても
蚊帳やね(ー_ー;)

そーいえば、Luxe outdoorメガホーン2の販売元である、アウトドアベース犬山さんの要望をもとに、メーカーが商品化した、”メガホーンウインターインナー”もあるようなので、気になる方はチェックしてくださいまし。

▼これね( ̄∀ ̄*)イヒッ

ウインターインナー

出典:アウトドアベース犬山

詳細はコチラ

▼次にスカート部中央のヒモ

メガホーン2

全6面のスカート部についているので、季節や使用状況によって、縛る面数を調整すると良いのではないでしょうか。

メガホーン2

夏場は風がぬけ気持ち良さそうだが、冬場は寒いので閉めておきたい。風が弱い日であれば、換気のために開けておくのもよいかと(・∀・∩)

とくにテント内で薪ストーブなど使うときは気をつけてくださいね。

メガホーン2 幕内はこんな感じ

メガホーン2

イスにすわるとこんな感じです。

座っているとそうでもありませんが、立ち上がるとかなり圧迫感はあります。センターのポール部分は高さがあるのでなんとかギリギリといった感じ。(このオッサンは170cmです)

幕内で食事や呑みを楽しむには大人3名が限界かと思います。

▼インナーをとっぱらった感じ

メガホーン2

インナーがないだけで、かなり快適な広さが実現する感じです。この幕を買ったほとんどの人が、コットを導入するのが分かるような気がしますwww

メガホーン2

メガホーン2

コットは幕に寄せすぎると、幕についた夜露でシュラフが濡れるので気をつけましょう。

▼中央のポールがなければ更に快適なんだが。。。(^_^;)

メガホーン2

メガホーン2上級者のブログを見ると、センターポールをとっぱらった2ポールでの設営方法があるようです。難易度が高そうだったので、いつかチャレンジしてみたいもんです。

いかがでしたでしょうか?

個人的な感想ですが、品質からすると非常に残念な部分もありましたが、やはりこのサイズ感、そしてデザインが素敵でした♫

販売元である、アウトドアベース犬山のサイトにも書いてありあしたが「1度使用したら病み付きになる、訳もなくキャンプに出かけたくなる参天テント」、まさにそんな感じですね。

あとこのサイズ感であれば、バイクでのキャンプもギリギリいけそうだったのも、購入の決め手だったことも付け加えておきます。

今年の1月にBUNDOK(バンドック) BDK-17 を購入して、ソロキャンやツーリングテントに使おうと目論んでいましたが、やはりもう少しサイズ感の大きいゆったりしたテントが気になりだしたってことです(; ^ω^)

ま、使い分けですよねwww

よかったらコチラもご覧くださいまし!

“三角帽子が素敵な”Luxe outdoor メガホーン2”購入レポ その1”

今回は記事が長くなったので、予定していたダープとの連結ネタは、次の

”三角帽子が素敵な”Luxe outdoor メガホーン2”購入レポ その3”でご報告したいと思います〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク