キャンプのお供にオサレなフットウェア”KEEN Jasper”を買ってみた♫

KEEN ジュビター

おはこんばんは @グリキャンです〜

たぶん5ヶ月ぶりにキャンプアイテムでブログ更新

サボりすぎ(;´Д`)

なんか、「書かなきゃ💦」って思いつつ
仕事や家族サービスで、気がつくと放置してました。。。

って、ことで
あんまり気張らずに、ゆる〜く紹介してきます♫

今日は約2ヶ月前に購入したフットウェアの紹介を
やってきますのだヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

目次>
・購入のきっかけ
・KEEN ジャスパーを選んだ理由
・まとめ

購入のきっかけ>

キャンパーの皆さんは、キャンプに出掛ける時って
どんなクツ履いてますか(?ω?)

keen image0987

キャンプとなると山や川などアウトドアなフィールドに行くわけですから、通常のタウンシューズだとすぐに傷んでしまうので、今回は思い切ってキャンプ専用として色々とチェックしてみました。

とは言うものの、ぶっちゃけ・・・・
「🏕キャンプ向けって?、何買えばいいの?」

ってことで、オサレキャンパー愛読書「GO OUT

GO OUT

出典:GO OUT

何事も”カタチ”から、コレ大事です( ̄∀ ̄*)

基本的に春夏のハイシーズンのオートキャンプ程度での使用となるので、タウンでも違和感なく履けるハイブリッドタイプを探してみました♫

で、結果4つに絞りました👍

候補1:DANNER/ダナー/Slusher 5 Eyelet B200

ダナー

レザーとラバーの組み合わせがなんといってもカッコイイ♫

☔️雨の日キャンプでも気軽にはける一足

しかし、なんとなく春夏はムレそう
秋冬だと丁度よさげだが、今回はスルーヾ(*´д`*)ノシ

候補2:DANNER/ダナー/DANNER LIGHT ダナーライト

ダナー

世界で初めてゴアテックスを採用した防水モデルらしい
オマケにムレないダナーの定番モデル

カッコいいんでない(゚∇^d)

しかし我に帰り価格を調べると・・・

4万円オーバーだと〜〜!!

当然手が出ません(;゚∀゚)
気を取りなおして次いきましょう〜

候補3:mont-bell ラップマウントストライダー

モンベル

軽量かつ全天候型の”いま風”のカラーリング♫
足幅なども日本人向けに大きく非常に履きやすいとのこと。

しかしタウンでは履きにくいデザイン
個人的な意見ですよ(; ^ω^)

候補4:KEEN  Jasper

KEEN

ソール部分もソフトかつ頑丈。
ちょこっとハードな使い方にも耐え、それでいて

オサレ♫

これ、大事っしょ😎

正直、全部欲しいところではあるが、価格やメインに使用する時期、タウンでハイブリットに履きたいを総合して洗濯すると。。。。

KEENが圧勝っしょ(*≧艸≦)

て、ことで。。。

KEEN ジャスパーを選んだ理由>

1:デザイン

KEEN ジュビター

KEEN ジュビター落ち着いた色使いに、ポイントで明るい色をサシこんだあたりがセンスの良さを感じる♫表面は天然皮革スウェードでできていて、底面全体を覆うようなラバーソールは高いグリップ性と柔軟性に注目して欲しいところ♫

KEEN ジュビター

KEEN ジュビターKEEN ジュビターラバーソール部分はハードな使用に耐えられるように頑丈にできているが、非常に柔軟性が高いので、長時間アウトドアフィールドでの使用でも安心できそうだ。

2:疲れにくい

KEEN ジュビター KEEN ジュビター

KEEN ジュビター

このモデルはクライミングシューズとコンフォートシューズをハイブリット化した、KEENオリジナルのアウトドアスニーカーらしく、非常に履き心地がが良く疲れない感じ♫

3:フィールドに映える

KEEN ジュビター

もちろん個人的な意見ですが、タウンやアウトドアフィールドでも気張らずに履ける手軽さもそうですが、もっとも支持を受けている理由は”豊富なカラバリと種類”ではないでしょうか。

出典:ABICH

KEEN ジュビターそーいえば、KEEN ジャスパーには靴ヒモがもう1セット付いているようです。私はワンポイントのブルーが気に入っているんで、しばらく履いて飽きたらコイツに変えてみようかな( ̄∀ ̄*)

KEEN ジュビターどこで調べても価格に大きな差は感じられないので、購入するならネットでもリアル店舗でもOKではないでしょうか♫

商品詳細
片足重量(約): 15.9 oz/450 g
メンズ用 カジュアルシューズ
Activity: シティ, ハイキング
Features: レースアップ(靴ひもタイプ)
ゴム: ノンマーキングラバー アウトソール
ライニング(靴内側の裏張り): 吸湿性テキスタイル
PRICE:定価¥12,744(TAX込)

出典:KEEN

お手入れ方法>

表面の汚れは湿った柔らかいブラッシュか手拭いでブラッシング。シミは消しゴムで軽くこする。しつこいシミは水と酢を混ぜてこする。
※こすった箇所が変色する可能性があるので、目立たない箇所で一度試してみてね。最後に軽く表面をブラッシングで終了。

まとめ>

KEEN ジュビターこいつで3〜4回キャンプに出掛けて使用してきました。

さすがに7〜8月は毎日40度近い温度になるので、長時間履いていると若干ムレる感じはあります。やっぱり真夏はサンダル系をチョイスしたいのが本音ですね(^_^;A

それさえ除けば、長時間履いても疲れない、それに地面の凹凸が足裏から伝わってくる程、ラバーソウルは強く柔軟性があり、なんだか”足袋”を履いてる感じさえ受けるかも♫

アウトドアフィールドでの使用に耐え、体力を奪われず、そしてオシャレ感を醸し出すとすれば、やはりKEENをおいて他は無いのではないでしょうか?

新しいカラーも続々登場しているので、気になる方はKEEN公式サイトをチェックしてみてくださいね(*≧艸≦)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク