CX-5 XD L Package 納車して約2ヶ月レビュー ”エクステリア編”

おはこんばんは @グリキャンです♫

前回は”CX-5 XD L Package 検討から購入 編”にて、購入にいたった経緯をご紹介させていただきました(゜∀゜)

それではお待ちかね(待ってねぇわ!ってつっこまなでね♫)今回は、”CX-5 XD L Package 納車して約2ヶ月レビュー ”エクステリア編”にて、車両の外装について紹介させていただきます。

CX-5 エクステリア編

CX-5 XD L package

今回オラが購入した、”キャンカー”でございます(*´艸`*)

モノホンは買えませんが、ほとんどキャンプに出かける時の足になること間違いなしなので♫

カラーは見てのとおり黒!(ジェットブラックマイカ)でして、よーく見ると普通の黒ではなく、ソリッド系となっており、光があたった時は非常に綺麗ですよ。

CX-5 XD L package

本当はソウルレッドクリスタルメタリック(イメージカラーのやつね)が良かったけど、75,600円(TAX込)アップは、嫁ちゃんの許可がおりなかった(; ^ω^)

夜になると黒のボディが更にふかみを増して、光沢感もあり高級感たっぷりです♫

CX-5 XD L package

CX-5 XD L package

LEDリアコンビランプ&ユニット内シグネチャーLEDランプってMazdaのHPに書いてあったが、なんのことかさっぱりわからん(;゚∀゚)

まーLEDのテールランプであることは間違いないでしょう♫

下側から少しあおったカットですが、これではSUVのダイナミックなサイズ感が伝わらないかな(^_^;A

CX-5 XD L package

CX-5 XD L package

しかしこうやって見ると足(ホイル)がでかいですね、たしかカタログに、225/55R19 99Vタイヤ& 19×7Jインチアルミホイール(切削加工:ガンメタリック塗装)と記載されてました。

あまり気にせずスタンダードサイズの19インチのままにしましたが、オプション設定で、225/65R17 102Hタイヤ& 17×7Jインチアルミホイール(ダークシルバー塗装)にダウンすることも可能なようです。

車のことはあまり詳しくは分かりませんが、見た目がかっこよくて、クイックなコーナーリングがお好みの方は19インチ、少しフワっとした乗り心地優先の方は17インチが良いのではないでしょうか。たしか19から17インチに変更すると多少安くなるようです。

ちなみに要注意ですが、2018年4月にディーラーさんに聞きましたが、純正と同サイズのタイヤがあまり存在しないらしく、1本あたりの単価が

超絶クッソ高いらしい((((; ゚Д゚))) 

恐らくタイヤ1本3万はくだらんでしょうから、次にタイヤを買うなら、スノータイヤとホイルセットを買って、できるだけ長く使うことですかね(-ω-; ムム…

毎月500円貯金でもはじめとくかな(;゚∀゚)

こちらは広角レンズで撮影したからか、少しヒップが強調されてますね。個人的にはもう少し角ばったデザインの方が良かったんですけどね(^_^;A

CX-5 XD L package

有名な自動車評論家は、CX-5を褒めちぎっていた時に、この後側のデザインをみて、「隙がない!無駄を削ぎ落とした素晴らしいデザイン、このおしり、思わず触りたくなっちゃいます!」っと変態ぽさ全開トークだったのを思い出します(・ω・ノ)ノ

どーも真後ろから見ていると、アニメ”じゃりんこチエ”のヒラメちゃん、もしくはテリー伊藤氏に見えて、いまいち好きになれない。外観だと唯一マイナスなポイント(。-´ω`-)

CX-5 XD L package

ま〜個人的には外見よりも、ずっと車内でいるわけだし、インテリアがよければ外観はある程度妥協できちゃいます♫

これくらいの角度から見るとカッコイイと思うんだけど、どうでしょうか?ボディとタイヤとの隙間具合がSUVらしさを演出してますね(゚∇^d) グッ!!

CX-5 XD L package

まーなんてことのないエンブレムですね(^_^;A

CX-5 XD L package

CX-5 XD L package

左右にCX-5・SKYACTIVE TECHNOROGY Dエンブレムが配してあります。個人的にはCX-5のみでいいのにな〜(ー’`ー ; )

エクステリアで最大の特徴が集約されているといって過言ではないフロントフェイス♫ここまで大きく口を開けたグリルは、これまでの日本車ではなかったのではないでしょうか(*-`д-;)ス、スゲェ…

CX-5 XD L package

そしてこの”ロングノーズ”、長い間ミニバンを乗っていたので、このフロントノーズの長さになれるのは少々時間がかかりました(; ^ω^)

CX-5 XD L package

これがアダクティブ・LED_ヘッドライト(ALH)、切れ長な目が好印象ですが、このライト周りのデザインを引き立てる立体的なボディのデザインがたまらないです(*≧艸≦) ウフフ

CX-5 XD L package

CX-5 XD L package

CX-5 XD L package

走行速度に合わせて、ハイビーム・ロービームに切り替えてくれる優れもの!正確に言うとLEDが数十個入っており、対向車線のライトの明かりや、街灯の有無、車速を感知して、LEDの点灯する数を調整するらしいです。

大きなグリルデザインに、このロングノーズ、そして切れ長なライトと立体感あるボディデザイン、非常にバランスよく仕上げられているんではないでしょうか。

あとMazdaのエンブレム、このサイズがデカイのか、はたまはこのロゴマークがダサいのか、いまいち馴染めません(; ^ω^)

CX-5 XD L package

このフロントエンブレムの中に、安全な運転をサポートしてくれる、超音波レーダーが収められているらしいので、それでサイズがデカイのか?、とにかく自己主張の激しいヤツです(;゚∀゚)

こうやって真横から見ると、それほどフロントノーズが長いように見えないのが、これまた(,, ゚Д゚)なぜ?

CX-5 XD L package

SUV特有のデザインですが、フロントからサイド・リアにいたるまで、スカート部分は黒い樹脂製のパーツになっており、少し安っぽさを感じさせるのですが、SUVは未舗装の道路や多少の悪路走行を想定されているので、破損・キズがついた時に交換しやすくしているんでしょうね(゚_゚)フムフム…

車体のサイズ感は全長4,545×全幅1,840×全高1,690mm、ステップワゴンのサイズと比べると全長・全高が数センチ短くなって、横幅が14cm程大きくなった感じ。

CX-5 XD L package

室内幅も大きくなってると思いきや、そこまで変化を感じなかった。恐らくステップワゴンに比べて、ボディが少し張り出しているので、室内幅としては4〜5cm大きくなった程度ではないでしょうか。

ここから細部の紹介です

CX-5 XD L package

左右のドアピラー部分はピアノブラックになっており、XD L Packageは標準でしたが、他モデルによってはオプション設定になっているようです。

非常に美しく見とれてしまいますが、皆さんここで思いだしてください。1〜2年程前にAppleのiPhoneでピアノブラックの機体を買った人ならご理解いただけるでしょう。

そう、キズがつきやすい!

へたすると、タオルでふくだけでキズがはいります。実は購入時に5年間保証のコーティングを施してもらっていたので、ディーラーさんに聞いてみたら、ピラー部分にはコーティングがはいっていないとのこと、なんでやねん(´;ω;`)

車内インテリアにも数ヶ所ピアノブラックが使われており、このキズ問題はなかなか解決方法が見当たらないです(^_^;A

気を取り直して、この中央のライトがオプションで付けたLEDフォグランプです。直径5cm位ですごく小さいですが、結構明るかったように思えます。

CX-5 XD L package

リアバンパーにはリアパーキングセンサー(センター / コーナー)が合計4ヶ所についており、文字通り駐車時に障害物と接触しないように、バックモニターと警告音で知らせてくれます。

CX-5 XD L package

CX-5 XD L package

あと、スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)& AT誤発進抑制制御[ 後退時 ]のセンサーもかねているようですね。フロントバンパーにも2ヶ所にAT誤発進抑制制御[前進時]のセンサーがついてました。

ミラーは”LEDドアミラーウインカー”となってましたが、残念ながら他メーカーSUVのように流れるような点灯ではありませんでした(; ^ω^)

CX-5 XD L package

左右ミラーにはインジゲーターがついていて、ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)機能で、走行時に隣車線がいたり、バック時に接近してくる車体があれば鏡面部のインジゲーターが点灯して教えてくれます。

CX-5 XD L package

CX-5 XD L package

※表示や音で危険を知らせ、ドライバーをサポートしてくれる機能でしょうが、基本は”目視”するべきなので、機能だけに頼らず過信せずにサポート程度のものを割り切りましょう。

左側ミラーの下側にカメラがついており、運転席右側にある”VIEW”ボタンを押すと車内のモニターに画像を表示してくれます。

CX-5 XD L package

CX-5 XD L package

狭い路地でのすれ違いや、駐車時の脱輪を防ぐには有効な機能ではないでしょうか。

オプションで”360°ビュー・モニター”を選んでおけば、左右ミラーやフロントにもカメラがついて、駐車時に真上から自分の車をみたような状態を車内モニター映し出すことができるので、駐車が苦手な方にはオススメのオプションですね。オラは必要ないので付けませんでした(だって高いんだもん(p_q、))

出典:Mazda

アドバンストキー(いわゆるスマートキー)を持ちながら、このボタンを押しドアロックを解除・施錠します。ここ10年くらいでは当たり前に装備されている機能ですが、さらに進化して驚かされたことが(^_^;A

CX-5 XD L package

アドバンストキーのボタンで解除・施錠も当たり前ですが、エンジン停止中にキーを持って車を離れると、自動で施錠されるのにはビックリでした。これは”マツダコネクト”という車の統括システムってのかな、ここでの設定が必要ですが、非常に便利になりました(゚∇^d) グッ!!

その反面、運転席から助手席にまわりこんだ時に、「カシャッ」ってロックがかかってしまい、急いでいるときは少しイラッっとしてしまいます(^_^;A

少し分かりづらいですが、フロントガラス中央にカメラが埋め込まれており、一部の交通標識を読み込み、メーターやフロントガラスに表示させて、安全運転を促してくれたり、ライトやブレーキシステムなどとも複雑にリンクして、より快適かつ安全な走行のサポートしてくれるようですス…Σ(゚д゚|||) スゴイッッ!

CX-5 XD L package

先進性の安全技術については、各メーカーがしのぎを削ってアピールするところではあり、カメラだけを使用するメーカー、センサーだけを使用するメーカー、Mazdaのように両方を備え持つメーカーがあるので、自分の使い方にあった安全支援システムを装備したメーカーを探して購入するのも一つの選択肢ですね。

ただし、現状ではあくまでも”運転をサポートする程度のシステム”であり、過信してシステムにまかせていると大きなトラブルや事故に繋がりかねないので注意がひつようですね( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

これがリアゲートを下側からみた感じです。左がカメラ、その右隣がリアパワーゲートのスイッチ、画面には写っていませんが、さらに右側にロック解除・施錠のボタンがあります。

CX-5 XD L package

あまりエクステリアにお金をかけるつもりがなかったのですが、ライセンスプレートはオプションで付けました。過去洗車時にナンバープレートで手を怪我してからトラウマです(|| ゚Д゚)

CX-5 XD L package

ぺらっぺらの枠ですが、これ前後で0.7諭吉くらいとは、トホホであります(; ^ω^)

こちらが給油口でございます。人生初のディーゼル車なので、毎回ガソリンスタンドにいくと、なぜだかドキドキしてしまいます(・ω・ ;)(; ・ω・)

CX-5 XD L package

個人的な感覚ですが、キャップ閉める時がなんか馴染めない不思議なロック加減(-ω-; ムム…

みなさん、機会があればやってみてくださいな(*´艸`*)

ついでにこんなところも♫メーカーHPなどでは見れないところですもんね♫

CX-5 XD L package

よくよく考えたら二本出しマフラーも人生初だわ、このメカメカしい感じが(・∀・)イイ!!

こんなに綺麗に見れるんはいまの内ですからね(; ^ω^)

エンジンルームもどーもご覧くださいませ♫こちらはディーゼルエンジンでございます。さすがにボンネットを開けると、それなりのディーゼル特有のカラカラ音が耳につきます(;゚∀゚)

CX-5 XD L package

でもって、エンジンよりも特筆するべき点は実はボンネットでして、これがめちゃんこ”クソ重い”!!

たぶん女性の方には少しきついかもってくらい重いんです.°(ಗдಗ。)°.

たしか、エンジン音をいかに下げるかってことで、ボンネットにも施策が講じられたって聞いてますんで、防音材的なものがボンネット裏に付いていたように思えます。

CX-5 XD L package

これだけが重い原因ではないと思いますが、もしかするとボンネット自体が一般的な車体と比べて厚みのある鋼材かもしれませんね(゚_゚)フムフム…

まとめ

CX-5 XD L package

今回は主にエクステリアのご紹介でしたが、ご覧いただいた”CX-5オーナー予備軍の方々”はいかがでしたか?少しはお役に立てたでしょうか(*´艸`*)

ここ2ヶ月近く乗って気づいた点などをまとめましたが、外観について個人的には70点っというところでしょうか。

もともとJeepが買いたかったこともあり、外観デザイン的なものでいうと、もう少しリアが角ばっていた方が、フロントの大きく口を開けた”トンガッタデザイン”を活かせたのではないかと思います。

サイズは大きく見えますが、意外と取り回しますしやすく、女性の方でも乗り易いかもですね。特にオプションの360°ビュー・モニターを装着すれば気軽に乗れると思います。

あと、残念なことは、カラーを”ジェットブラックマイカ”にしたことかも(^_^;A

わかってはいましたが、汚れが目立ってしょーがなく、気になる方は毎週洗車したくなるかもです。これは他の車も同様なので、CX-5の評価には全く関係ないのであしからず(; ^ω^)

オラはディーラーにてボディコーティングを施工してもらったので、普段の洗車は水で流す程度でよいらしいです。一応納車時にボディメンテキット(お約束ですね)もらったので、たまにメンテしてみようと思います。

ちなみにディーラーでコーティングすると、社外品のコーティング材はNGらしいので、気になる方はディーラースタッフに確認することをおすすめしますよ。

ま、今回Mazda CX-5を選んだのもエクステリアというより、インテリアの質感が高かったことが決めてでもあったので、エクステリアは70点でも問題ないわけです♫

っということ、本当はインテリアの紹介もここでやりたいんですが、ご存知のとうり、オラの商品紹介は画像が多くて見るのが大変でしょう( ̄∀ ̄*)イヒッ

次回”CX-5 XD L Package 納車して約2ヶ月レビュー ”インテリア編”は近いうちにアップしますので、気になる方はまた見にきてもらえるうれしいです♫

CX-5 XD L Package 納車して約2ヶ月レビュー<検討そして購入 編> はこちら

CX-5 XD L Package 納車して約2ヶ月レビュー<検討そして購入 編>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク