おしゃれキャンパー必須!? -AZUMAYAフォールディングベッド(ウッドコット)NX-935-導入

おはこんばんは @グリキャンです♫

今日は2017年11月に購入したウッドコットの紹介をやってきたいと思います(^o^)v

珍しく楽天でポチッとしましたv(・∀・)yeah!

wood cot

仕事から帰ってきたら、玄関に横たわっていたこのお方、、、家族も放置するしかない重さのようです(;゚∀゚)

こいつの開封は今年1月のソロキャンでやりましたので、オッサンがちょこちょこ出てきますが気にしないでください(^_^;A

wood cot

このクソでっかい箱を開封すると、コット本体(グレーの袋に入ってます)とグレーのクッションがでてきます。

クッションは軽くて弾力性があり、自宅でも使って半年経ちますが全くヘタルことなく、個人的には高さも丁度良いですΣd(>∀<*)♪゚+.゚

wood cot

短所としては、このコットの生地(ポリ)との相性が良くないのか、枕がわりにして寝ていると、滑って地面に落ちちゃうところが今ひとつ(・ω・;

本体はグレーの袋に入っており、肩ヒモもついているので移動時に助かります♫

wood cot

出展:AZUMAYA

袋から本体を出すと、このように折りたたまれております♫

wood cot_

パッとみどーすればコットになるか一瞬たじろう感じですが、意外と簡単に広げられますのでご安心ください(o ̄∀ ̄)ノ

本体左右の足をそれぞれ外側に倒す(180度回転)とこんな感じになります♫

wood cot_

ま〜あとでも書きますが、こいつ組み上げると重量が12kgとけっこうな重たさなので、特に女性の方は組み立てる際は気をつけてくださいね(;゚∀゚)

でもってパカっと広げるともう95%仕上がったも当然♫

wood cot_

このコットの生地はポリらしく、少し硬めの素材を使用しており、他社製のコットに比べると生地自体があまり伸縮しない感じ。

wood cot_

張力もあって、しっかり体を支えてくれ、当時70kg越えのオラがのっても全く問題なく、強度面においても申し分ない感じです♫

最後にフレームの上下二箇所にこいつらを固定すれば仕上がりです♫

wood cot

左右に固定用の金具が埋め込まれておりこの金具を本体フレームに空いた穴に入れて固定します。

まずはこのように生地の上下が筒状になっておるので1本づつ通します。wood cot_

このように穴が空いているので、左右合わせて、頭側と脚側に差し込めば終了・・・

wood cot

wood cot

のはずが、ラストのこの1本が(片側)がなっかなか入らない(´;ω;`)

どうやら生地が硬めのポリで、ほとんど伸縮しないため、どーやっても入らず20分程格闘してなんとか完成しました。

wood cot

まーこんな作業を毎回するのは勘弁してほしいところですが、半年使ってなんとなく生地も馴染んできたのか、なんとか簡単に組み上げる事が出来るようになりましたε-(´▽`)

商品詳細

メーカー:AZUMAYA(東谷)

商品名:フォールディングベッド NX-935

サイズ:W194×D75×H42cm

:W95×D25×H25cm(収納時)

重量:12kg

材質:フレーム:アカシアの木(オイル仕上げ)

:生地(ポリ)

付属:クッション (W36×D53)・取説

価格:16,021円 ※2018年8月現在 密林価格

フレームには密度があり強度の高いアカシアの木となっており、黒いスチールの金具でしっかり固定されております。

wood cot

wood cot

wood cot

ところどころ、六角ネジが錆びているが、個人的には”よい風味”をだしてくれていると考えプラスで捉えております(; ^ω^)

アカシアの木は加工後にオイル仕上げされているらしく、木材のもつ独特の風味を醸し出しており、非常に雰囲気が良くて購入にいたったポイントの一つでもあります♫

生地はポリを使っているせいか、本当にしっかりしており、たしかオラがポチったお店の説明には、耐荷重200kgって書いてあったので、大人2〜3人座っても大丈夫そうです♫

wood cot

ちなみにコレ、半年使って気がつきましたが、生地の接着が少しさけてきてました。

たぶん、上下のフレームを固定する際、こねくりたおしたのが原因かと思われます(^_^;A

ここから現状広がっていないので大丈夫と願いたいです( -人-)

サーカスTCにセットして、実際に身長170cm体重74kgのオッサンが座るとこんな感じです♫
wood cot

まとめ

wood cot_

<組み立てについて>

何度も組み上げしているので苦にならないが、最初の2回位はマジ参った(/_;)

生地が少し伸びて馴染んだからか3回目位から楽になったので良しとするけど、開封時はマジで焦ったわ。もしかするとベトナム産ということもあって、かなり個体差があるかもです。

<オシャレ度>

この部分においては個人的には200点あげても良いところΣd(>∀<*)♫

アカシアの木の風味に金具も黒くして少しアンティーク感漂うところに、深みのあるグリーン色したポリ生地がバランスよく纏められていて非常に良かった。

<サイズ感>

左右は75cmあるので、寝転がってもフレームが手に当たらず、それに生地自体が固めで張力があるので、あまり沈み込まず寝返りをうっても疲れにくいかとΣ(●・`ω・)b Good!!

逆に短所としては、コンパクトに折りたたむといっても、そこそこのサイズがあるので、出来ればミニバンかハイエースなどの大型車両でキャンプに持って行きたいところ。セダンだと無理かな、どうだろ?W950あるし、それに長物の12kgは数字以上に重く感じます(p_q、)

8ヶ月使ってみて、結果的にどうかと聞かれたら、”良くも悪くもどうでしょう?”みたいな感じ(^_^;A

オートキャンプサイトで車を横付けでき、車も大型車両(ソロならセダンでOK)であれば2脚位までなら積む気になるが、4人家族全員コレっていわれたら即死ですね(-_-;)

簡単にまとめると、デカくて重いアンティーク感を纏ったオシャレなコットを手に入れるのか、丈夫で軽量なジュラルミン系フレームで通気性や強度の高い最新素材を採用した、コンパクトに収納できるヘリノックスコットを選ぶかといったところでしょうか( ̄^ ̄ 😉

結果的にマイナス要素が目立ったレビューとなりましたが、オラなりこれでも気に入ってるのでしばらく愛用する予定です♫

そこのオシャレな変態さんなら、まちがいなくWOOD COT選びますよね( ̄∀ ̄*)イヒッ♫

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク