DODオクラタープ TT-8 583BK 開封&初張りしてみた結果・・・どうだった?

DODオクラタープ

おはこんばんは @グリキャンですι(´Д`υ)アツィー

8月中旬、、、まだまだ暑い日が続きそうですが、この暑さの中でもキャンプに行きたいと考えている変態さん、いかがお過ごしでしょうか?

「こんなクッソ暑いのにキャンプ!?、行くわけねーわ」

って人に、、、

「日差しが強すぎてさ、、、標高の高い林間サイトなら行きたいわ」

って人にも、、、

「タープがしょぼくて、せめて遮光性の高いタープさえあれば。。。」

って、まさにそんな皆さんの問題を解決してくれる魔法の、、、、

バキッ!(´>ω<`) ウッ… シュ ⊂≡(゚Д゚q)娘

失礼しました、表現が大げさすぎると娘にシバかれました(^_^;A

実は半年以上前から、自分が探し求めていたタープに出会えたので、その嬉しさもあってかなりオーバーな表現となりました( ̄∀ ̄*)イヒッ

・デザイン

・カラー

・価格のバランス

・自由なレイアウトが可能

・他のキャンパーとかぶりにくい

これだけあれば十分だろって位のハマり具合、まさに今年のキャンプアイテムNo,1は、キミに決めたぜ!っと大声で言い放ちたいところだったが、ただ1点大きな問題が浮上してきました(;゚∀゚)

それではその理由を交えて開封&レビューやってきたいと思います(*´艸`*)

タープ購入のきっかけ

U_Jackランタンスタンド

ファミキャンを始めたころに、強い日差しを避けるには何が必要か調べると、タープは必須アイテムだとネットで見かけたので、嫁を説得して約7,000円程度の鹿番長ヘキサタープをポチりました。

当時はデビューしたてで、この程度の予算でもビクビクしながらポチっていたもんです、いまと比べればかわいいもんですね(^_^;A

いまでも必要な時はこのタープも張るのですが、最近はテンマクのサーカスTCが遮光性も高く、ソロキャンプに丁度よいサイズ感であったり、その他もろもろの事情で徐々にタープを張る機会が減ってきてました。

特にタープを張らなくなった1番の理由が”サーカスTCに合うデザイン”でなかったからです。

機能性なども大事ですが、オラ的には見た目が重要ヾ(o・`ω・)ノ キリッ

サーカスTCを使いだしてから、フラフラと悩み検討しては止めての繰り返し。。。

そして、月日は流れて半年後の2018年7月、DODから発売されたコイツに一撃でやられたといった次第でございます♫(≧∀≦*)b.:゚+イェイ♪

そして購入へ

DODオクラタープ

ぶっちゃけ、どこで買っても価格に差がなかったので、思い切って代休をとって、ヨドバシカメラへGo!v(・∀・)yeah

そんなこったで我慢できず、珍しく密林ではなくヨドバシカメラにてご馳走様( -人-)

ポールは付属されていないので、ついでに購入しました♫

村の鍛冶屋(直径28mm)と比べ悩んでいましたが、大阪八尾にある”おおさかキャンバル”社長のアドバイス、「大型タープやとスノピの直径30mmが安心やで♫」を思い出し、ついでにご馳走様したしだいです。

ちなみに下に写っているシェルコンは、撮影する時に丁度よい高さにあっただけですので、もちろん購入しておりませんので悪しからず(;゚∀゚) ※いつか買うかもだけど。。。

いざ開封

DODオクラタープ

いつもながら無機質な安っちいダンボールケース(; ^ω^)

DOD製品は外箱にお金をかけないようですが、これまでもそうだったのか?

テキーラテーブルもそうだったし、個人的に感じていることだけど、最近のDODは遊び心とデザインのバランス、奇をてらったネーミングが注目を集めているので、ここでDODのウサギロゴを使い、全商品統一のパッケージデザインでブランディングすると、更に一般ユーザーへの刷り込みは早いと思うんだけど、オラ的な味方だけどね♫

DODオクラタープ

DODオクラタープ

直径18cm W61cmの収納袋から”こんにちわ♫”

DODオクラタープ

広げると縦横5.1mありますが、思っていたよりは少し小さく感じました( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム

DODオクラタープ

ガイロープは白色ショート6本・ロング2本の合計8本ついてましたが、長さは調べてないので?です。

個人的な主観ですが、2.8mのスノピのポールだと、ロングでも長さが足りない感じですね。なんとなくそれを見越してパラコードを購入しておいたので、次のキャンプでデビューさせたいと思います(*´∀`*)

DODオクラタープ

でもって完成(炎天下で休憩しながら30分程)ですι(´Д`υ)アツィー

基本のスタイルがこれになるのかな(; ^ω^)

ポールはスノピのフロント(画像左側)が2.8m、リア(画像右側)が2.4m

ちなみにペグは付属されていないので注意なのね!

商品詳細

DODオクラタープ

出典:DOD

メーカー:DOD

商品名:オクラタープ TT-8 583BK

カラー:ブラック・タン・ベージュの3色展開

サイズ:(約)W510×D510cm

:収納時 (約)W61×D18×H18cm

重量:(約)4.2kg

素材:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)

最低耐水圧:350mm

付属品:ガイロープショート6本

:がイロープロング2本

価格:21,600円(TAX込) ※2018年8月 楽天・密林・リアル店舗価格

ベージュ>

DODオクラタープ

出典:DOD

タン>

DODオクラタープ

出典:DOD

細部の紹介

DODオクラタープ

まずはこちら、左右対称に大きく配置されたDODお馴染みのマーク。シックな黒に白のマークが映えますね♫

DODオクラタープ

DODオクラタープ

各部の縫製をチェックしましたが、これは100点とはいえず80〜85点位かと。

中国産であり価格のバランスを考慮すると、多少は目をつぶらないといけないかと思いますが、こういったところでしょうか、スノピファンがDODを買わないと言われる理由は。。。( ̄^ ̄ 😉

質を上げるには、それなりの労力とお金が伴うもの、どちらを取るかといったところでしょう( ゚Д゚)ゞ

DODオクラタープ

はと目(グロメット)はポールがぶっさせるサイズ、サイズはあまり大きくない印象。

ループはガイロープやカラビナをかけれるようになっているが、あと5mm長くして欲しかった。ちょっと不器用なオッサンには面倒な作業だったので、次回からカラビナでいこかな(; ^ω^)

DODオクラタープ

ガイロープにはシルバーのアルミアジャスターが各々のラインについてます。

DODオクラタープ

先日2回目の設営した時に気がつきましたが、1〜2本ガイロープがこんな感じになっていたのでアルミのアジャスターで傷をつけてしまっていたかもしれません。

皆さんも設営時にガイロープを痛めないように気をつけましょう(・∀・∩)

あと地面が砂地だったこともあってか、白色のガイロープだとあっという間に茶色がかってしまったので、次回張る時はガイロープを全て迷彩パラコードに交換してみようかしら(*´艸`*)

すでにポチってるし♫

迷彩パラコード

遮光性について

DODオクラタープ

この日は見ての通りピーカンで気温は38℃ほどでした、程よい風が吹いており、思っていたよりも快適に過ごせました♫

4〜6人程でくつろげるサイズ感ですね(≧∀≦)/イイ!!

DODオクラタープ

こちらがタープ下より撮影したイメージですが、ピーカンの太陽もほとんど光を通さない遮光性の高さは非常にポイント高いですね(゚∇^d) グッ!!

DODオクラタープ

オッサンもピーカンでの初張りで汗だくになりましたが、設営後の冷えたノンアルコールビールのうまさと、あまりのスタイルの良さに酔いしれているようです(; ^ω^)

スタイルについて

DODオクラタープ

DODオクラタープ

鹿番長ヘキサタープのポール2本を左右に追加してハネあげてみました♫

オラ的に一番しっくりくるにゃΣd(>∀<*)♪゚+.゚

オクタゴン(8角形)をいかした流線型のスタイルがたまらなく素敵や〜

色々とマイナスコメントあったかもだが、このスタイルとカラーが、全てを見なかったことにしてくれるカッコよさ、あか〜ん、もう逝ってしまいそうや〜(*´д`*)〜з

この日は用事があったので、ここで撤収して自宅に帰ったため、他のスタイルを試せませんでした。

と言うことで、他のスタイルを楽しみたい一心で、翌週末にいつものベース地にやってきました( ̄∀ ̄*)イヒッ

まずは基本スタイル(正面)

DODオクラタープ

基本スタイル(斜め前)

DODオクラタープ

基本スタイル(真横)

DODオクラタープ

基本スタイル(斜め後)

DODオクラタープ

あらためてフロントポール2.8m リアポール2.4mの基本スタイル。ガイロープの固定位置が悪かったので、フロント側は少しポールが寝すぎて高さがでていません。

これでもフロントのガイロープ最大まで延ばしています(^_^;)

次にサイドチョイ跳ね上げスタイル(正面)

DODオクラタープ

サイドチョイ跳ね上げスタイル(斜め前)

DODオクラタープ

サイドチョイ跳ね上げスタイル(真横)

DODオクラタープ

サイドチョイ跳ね上げスタイル(斜め後)

DODオクラタープ

初張りの時に同じように張りましたが、こちらもガイロープの位置・長さの関係上、前回よりもフロント側だけ少し低くなってます(;゚∀゚)

それでも身長170cmのオラが余裕で歩ける高さ♫

次回はこれにテンマクのサーカスTCを連結してみるとしようΣd(゚∀゚d)

で、今回は極力道具を持たずにライトにやってきたので、、、、

DODオクラタープ

久しぶりに登場のバンドックインナー&タープで一泊することに♫

これは前後のポールを一本づつ短くしたロースタイルバージョンになります。(フロント2.1m/リア1.8m)

ロースタイル(正面)

DODオクラタープ

ロースタイル(斜め前ローアングル)

DODオクラタープ

ロースタイル(斜め前ハイアングル)

DODオクラタープ

ロースタイル(斜め後ローアングル)

DODオクラタープ

ロースタイル(斜め後ハイアングル)

DODオクラタープ

フロントのポールが寝てはいるものの、これでもフロントが約2mあるので出入りも楽にでき、さらに影の部分が多くなるので、陽の上がり具合で影を追いかけてタープ下を移動することも少ないかと思いますd(^_^o)

残念なところ(今後の課題)

DODオクラタープ

この日は風が強くて地面が固すぎて、ペグが打ち込めず四苦八苦したんですが、地面が砂地だったので、見ての通り汚れがクッキリと.・゚・(ノд`)゚・.

オラが求めていた黒色で、他ではあまり見かけないデザインであること、それにTC系のタープ、最後に価格も手がとどく範囲と、至れり尽くせりだったのですが。。。

ここに落とし穴がありました.・゚・(ノд`)゚・.

この事もあって、張っている時に嫌気がさしたのも事実、ちょっと落ち込みましたよ(^_^;A

とりあえず、ペグが刺さりそうで、少し草が生えてるところまで移動して再度チャレンジして、今回もなんとか無事にタープを張ることができたという訳です( ´ ▽ ` )

DODオクラタープ

朝2時間ほど雨が降ったお陰で汚れは洗い流されて、少し目立たなくなりました。あと水拭きしたりで、撮影前に随分キレイに拭きあげました(; ^ω^)

そんな事もあり、雨が降ってきたおかげで、今回はTCタープの撥水力についても、性能チェックすることができましたのでご報告します。

オクラタープはポリコットン生地(TC)で、撥水処理をしており、耐水圧は350mm程度です。”ポリエステルのように防水処理”しておらず、水がコットンに染み込む事で膨張して雨水を通さない仕組みになっています。

まだ経験していないので、言い切れる事ではないのですが、ゲリラ豪雨的な雨が長時間続くと、雨漏りしてくる可能性もあるでしょうね( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

次回このタープを張る時は、大きめのシートと、直系30mmのポールが入るDODのちんあなご的なアイテムをこさえるしかないか( ̄^ ̄

まとめ

DODオクラタープ

デザイン・色・サイズ・素材・価格、ほぼ希望していたタープに出会えて大変満足しています(*´∀`*)b.:゚+♪

スノピのポールも結構いい値段するので躊躇しましたが、長い目でみれば、結果よかったと思います。まーこれはこれで直系30mmあるから、手持ちのランタンハンガーが入らないと問題はあったんですが、またこれも解決策を考えないとね(; ^ω^)

いかがだったでしょうか?

タープの購入を検討されている貴方!特にこのオクラタープを検討されている方のお役に立てたら嬉しく思います♫

今回もかなりダラダラと書きましたが、このブログをご覧いただく事で、皆様の気になる商品の疑問が少しでもなくなるお手伝いができれば幸いです!

それでは、また次のブログでお会いしましょう

@グリキャンでした♫ヾ(*´・∀・[.:゚+またね.: *:]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク