【ガイロープ制作】DODオクラタープ のガイロープを迷彩パラコードに交換しちゃろ♫

DODオクラタープ

おはこんばんは @グリキャンです(*´∀`)

今日は、つい先日アップした、、、、

“DODオクラタープ TT-8 583BK 開封&初張りしてみた結果・・・どうだった?で言っていたガイロープについて書いてきますね♫

DODオクラタープは3色共に、全て白色のガイロープとなっています。

先日もいったように、砂地の上でタープ設営すると、、、

Brotree パラコード 4mm

はい、こんな感じに1〜2回使用で”味のあるガイロープ”の出来上がり(; ^ω^)

開封したての時は、あんなにも純白だったお前達は、いったい何処にいっちまったんだよ〜(」°ロ°)」 オーイ!!

ま〜、いまさら悔やんでも仕方ないことですが、こういった事を見越して、タープより先に密林でポチっていたんですよね

パ・ラ・コー・ド・を♫( ̄∀ ̄*)イヒッ

っということで、昨日は家の用事でキャンプにいかせてもらえなかったので、このパラコードを使って、ガイロープをネチネチ作っておりましたヾ(o・ω・)ノ

ところでパラコードってなんぞやねん?

ってことですね( ̄∧ ̄)

色々調べてみると、どうやらミリタリー系のパラシュートコードを、パラコードと呼ぶらしく、かなり重い荷物を持った兵士を安全にパラシュートで降下させるために強度も高く造られており、パラコード1本の耐荷重は350kg位あるらしいです。

数本束ねて使用すると、かなり強度も高くなると思われます(*´∀`*)ナルホド

私がポチったパラコードは直径4mm(内心7本)で、耐荷重250kgと書いていました。ちなみにオラのは中華製なのね(; ^ω^)

USAのミルスペックモデルは耐荷重350kg程度あるらしく、直径も4mm程度(内心)で、中華製に比べ内心(ポリエスチル)の本数も多く、今回ご紹介する商品よりもはるかに強度が高いようです。

その分、気持ちお高くなっておりますが(^_^;A

ここ最近では中国産が多く出回り、内心はポリエステル7本となっていますが、キャンプやアクセサリー制作に使う程度であれば、強度的にも全く問題ないと思われます♫

Brotree パラコード 4mm

今回ポチったヤツは、内心が7本、さらにバラすと3本(全部で21本)になり、いざという時は、色々な使い道があるようですね( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

たとえばアクセサリーなど・・・

Brotree パラコード 4mm

靴紐・釣り糸、その他もろもろ・・・

Brotree パラコード 4mm

本来の使い方とは違うでしょうが、非常に軽く、そして非常に強度も高く、さらにはカラーや柄が豊富なので、キャンプのガイロープやお洒落アイテムとして使われることが増えたようですね(゚∇^d) グッ!!

まずは開封

Brotree パラコード 4mm

私がポチったのがこちら(・ε・)

Brotree パラコード 4mm

中身はこんな感じで、パラコードはグルングルンに巻かれていますな(*´艸`*)

ぶっちゃけメーカー名見てポチれるだけの知識は持ち合わせていないので、密林レビューをベースにチョイスしました(^_^;A

ま〜どれを買ってもだいたい1,000円前後で、それにキャンプに使う程度だし、気にしなくても大丈夫でしょう♫

商品詳細

メーカー:BROTREE

商品名:パラコード(BR-CL-PA-05)

カラー:迷彩グリーン

長さ:30m

重量181g

対荷重:250kg

素材:内心:ポリエステル

外側:ポリプロピレン

直径4mm

価格:1,070円 ※2018年8月 密林価格

Brotree パラコード 4mm

お気に入りの迷彩カラーv(・∀・)yeah!

Brotree パラコード 4mm

ぶっちゃけて言うと、タープに付属されていた白色ガイロープと同じ4mmなはずだけど、中身があまり詰まっていない感があるのはたしか。。。。

まー後日使ってみて、その効果のほどを体験するしかありませんな(^_^;A

ガイロープを制作

Brotree パラコード 4mm

まずは必要なサイズにカットして、オクラタープに付属されていた自在金具を流用します♫

実際長さを測ってみると・・・

付属ガイロープのサイズ>

・ショートサイズ:2.2m×6本

・ロングサイズ:4.2m×4本

これを各々延長します( ̄∀ ̄*)イヒッ

理由はタープのポールに長め(2.8mと2.4m)をチョイスしたので、付属品の長さでは少しきつかったんです(ー_ー;)

っということで、今回は・・・

・ショートサイズ:3m×6本

・ロングサイズ:6m×4本

にしてみました(*´∀`*)b

次にポール側のガイロープを”もやい結び”で、しっかりした輪をつくります♫

んでもって、”もやい結び”って?

ロープの先に大きさの変化しない輪をつくるようで、つくった輪は荷重がかかっても結び目の部分が動かず輪の大きさが変わらない。また、大きな力にも耐える強度を持つ堅牢な結びでありながら、簡単にほどくこともできる結び方らしいです。

ということで、そいではもやい結びやってみよ♫

1:こんな感じにパラコードをおきます

もやい結び

2:次に数字の”6”をつくります

もやい結び

3:6の輪の中に短いロープを上側からとおします

もやい結び

4:短い方を一番下側にして左側にもってきます

もやい結び

5:短いロープを上側にあげてきて、上側から小さい輪(元の6)にとおす

もやい結び

6:最後に右手で出来上がった大きな輪っかの左右&短いロープの先をまとめて持って、左手は長い方のロープを持って、左右に引っ張ると完成、出来上がりです♫

もやい結び

もやい結び

もやい結び

このままショート/ロング 合計10本を作り上げます。

Brotree パラコード 4mm

15分程で完成しました♫

あとはダイソーで買ってきたダブルフック(カラビナなど)を付けます。

ダブルフック

ダブルフックはオクタタープ の左右6箇所に使うので、左右対称に3色買いました♫

ダブルフック

オクタタープ のループ部分にもなんとか入りそうなサイズかな(^_^;A

これで設営時の面倒な作業が少し減って楽になるかな♫

まとめ

Brotree パラコード 4mm

作業について>

作業としては、そんな難しいことはありませんが、パラコードはカットした断面を火であぶって溶かさないと解れてくるので、作業する際は火傷に注意しましょう(≧△≦)

見た目について>

個人的には迷彩カラーは気に入っていますが、白色と比べるとあきらかに見えにくくなっているはずなので、移動時に足を引っ掛けてしまうかもですね、ま〜それも理解した上でガイロープを交換しているのでΣd(≧▽≦*) OK!

強度について>

まだ実際使ってないので、なんともコメントできませんが、他のキャンパーさん達が同様にパラコードに交換している話を聞くと全く問題ないようです。

いかがだったでしょうか、パラコードは価格的にも入手しやすいアイテムかと思いますので、他のキャンパーさんよりお洒落に幕を張りたい!幕はいいのにガイロープだけ安っちいな〜っと悩んでいたそこの貴方、パラコードでガイロープ作って他のキャンパーに差をつけてみてはいかがでしょうかΣd(>∀<*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク