Amazone薪暖炉・薪ストーブ売れ筋ランキング2位のネイチャーストーブ3ヶ月レビュー♫

中主吉川公園バーベキューエリア

おはこんばんは @グリキャンです♫




8月に入ってから一気に暑さがピークに達したのではないかと錯覚を起こしてしまう今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?





本日は導入から3ヶ月経ったネイチャーストーブについて、開封から実際使用してみた感想や”火遊び”について紹介したいと思います。

購入した理由

薪グリルラージ

簡単にまとめると吐く息が白くなる凍てつくような寒〜い日であろうが、呼吸をする度に額から汗が流れ落ちるような暑〜い日であろうが、、、

焚き火がしたいんじゃ〜!!




とま〜キャンプをする殆どの方が同様な考えを持っていることと思います。




しかし・・・

汗かく

35℃を超える猛暑(熱帯夜)であったら、その熱い”焚き火”への想いも揺らいでしまうのもこれまた事実でございましょう(;゚∀゚)



夏も焚き火を楽しみたいですが、ぶっちゃけ考えものですな〜



実は冬場のグルキャン時に足元に置いておくのに丁度良い焚き火ストーブがないか探していたところ、数名の知人キャンパーさんが似たアイテムを導入していたので、「これだったら夏も気軽に火遊びできるかな♫」っという邪な思いで密林でポチっとな♫

ネイチャーストーブ


こーしてオラの手元にやってきたネイチャーストーブ、これまた運命というもの、家族も理解してくれるだろう(爆



それでは開封から実際の使用感など紹介いたしますね(*´艸`*)

ネイチャーストーブって何?

ウッドストーブ

こちらのアイテムは、サイズも非常にコンパクトになっており、暖をとることから調理にまで幅広く対応できる優れ物。


ネイチャーストーブ(またはウッドストーブ)と呼ばれており、燃料は木の枝や葉っぱ、または自然の着火剤として利用されている松ぼっくりなど、自然のものを燃料とすることからネイチャーストーブと呼ばれているようです。



多くのキャンパーから永年愛されているキャンプ道具の一つのようで、主に野営などを楽しまれる方の利用が多いように思います。



最近ではキャンプ初心者の中でも場所や時期問わずに楽しめる”火遊びアイテム”として注目されてますね♫

開封

ウッドストーブ
正式な商品名は不明

いつもながら中華臭を放っておりますが気にせず開封♫

ウッドストーブ
メッシュ袋付きで収納&移動に便利♫
ウッドストーブ
上記3点構成となっております

メッシュ袋の中から素敵な輝きを放っている本体がでてきました♫

しかしメッシュ袋を除けば、本体とゴトク部分の2点で構成って、思ったよりも単純な構造、、、、と思っていましたが。。。意外と考えられた構造で感心してしまいましたΣ(●・`ω・)b Good!!

商品詳細

ウッドストーブ
メーカーノーブランド
商品名ファイアソロネイチャー ストーブ
使用時サイズ高さ約18.5×直径12.5cm
収納時サイズ高さ約13×直径12.5cm
重量530g
材料ステンレススチール
価格2,600円(209.8月現在 密林価格)
ウッドストーブ

ゴトク部分は本体内に逆さまに収まるようなっており、コンパクトに持ち運べるようになっています。

ウッドストーブ
本体底面には8〜10mm程度穴が多数

本体底面には多数の穴(8〜10mm程度)があいており、よーく覗き込むと穴の向こうは下皿っぽいものがあり、灰受けになっているようで、意外と構造が複雑なんだと感じました♫

ウッドストーブ
本体上部の内側にも同様に穴が空いてます

本体内側の上部にも似たような穴が空いております。これはこの商品の特徴である”二次燃焼”をおこすために必要な穴になります。詳細については後ほど図を交えてご説明しますね♫

ウッドストーブ
本体下側にもこれまた穴

もうあちこち穴だらけ、もはや軽量化のためでは?っと声があがるほど(爆

ウッドストーブ
本体裏面(底)は隙間一つない

本体を全て見渡しても、隙間らしい隙間もなく、いったいどーやって組んでいるのかさえ????であるが、改めて最近の中華アイテムのクオリティの高さに驚かされます。

ウッドストーブ
ゴトクの一部はオープンな造り

上部フタ(ゴトク含む)は高さ5.5cm程度あり、風防としてもしっかり仕事をしてくれます。

ウッドストーブ
ゴトクは3箇所
ウッドストーブ
ダッヂオーブンは載せれないかな(汗
ウッドストーブ

見ての通りですが、ゴトクはいまいち頼りない仕上がり&そしてサイズですが、これでも最低限のお仕事はこなしてくれます♫

なお、こちらのネイチャーストーブには、オプションとしてゴトク部分のみ別途販売されているようですので、気になる方はご覧くださいませ。

ウッドストーブ

ネイチャーストーブの特徴

ウッドストーブ

そこそこコンパクト


これまでユニフレームのファイヤーグリルや薪グリルラージを使った焚き火を楽しんで参りましたが、車での移動とはいっても少し荷物になるのもたしか。




冬場は暖をとることが主な目的でもあるので良いのですが、夏場の暑〜い夜に調理を兼ねた火遊び、ぶっちゃけ遠慮したいのが本音です(汗




しかし火遊び(焚き火)がないキャンプは、王将でビール餃子セットを頼んだのにビールだけ出てこないのと同じくらい悲しいこと。




そんなこったでこのネイチャーストーブは、こんな暑い時期でも火遊びするには丁度良いサイズ感なのです♫



もちろん料理もできますよ(・∀・)イイ!!


火力(パワー)もあります


このネイチャーストーブは数ある同類のストーブの中でも、結構パワーが高くて思った以上に暖もとれます♫(冬はありがたいが夏はやばい(;゚∀゚))



先述していますが、見た目以上に変わった構造をしているこのネイチャーストーブ。実はロケットストーブでも使われている機構を取り入れており、二次燃焼効果によってかなりの火力を発生させれます。

ウッドストーブ

燃えて暖められた空気が上昇する際に、下側の穴から空気を吸い込み、燃焼(木の枝など)を助けます。また外壁と内壁の間の空間は暖められ上昇して上部の穴から供給され、更に燃焼効率を高め燃料をほぼ完全燃焼させます。



ケトルでお湯を沸かすと、ものの数分で沸騰するくらいで驚きました♫


灰がほとんど出ない


二次燃焼のお陰で殆ど完全燃焼するので、数時間松ぼっくりや枝、それに薪を小さく割ったものなどを焚べましたが、殆どのこることはありませんでした。


参考程度ですが、ペレット(おがくずなどを圧縮して固めたもの)が燃料に良いという噂を聞いて、早速ホームセンターで購入して使用してみました。

ペレット8L 700円程度(3〜4日はもつ量ですね)
ペレット
主に木材を削ったおかくず等を圧縮して固形にした物

見ての通り、ニャニャーンおトイレの材料に使われています。吸水性が高いのでしょうね(^_^;A



で、ペレットを燃料にする前に準備がありまして・・・・

ウッドストーブ
ダイソーで買った台所のメッシュ受皿
ウッドストーブ
加工してネイチャーストーブ底面へパイルダーオン!

ペレットが小さいので、そのままだとネイチャーストーブ底面穴から下皿に落ちてしまうので、ダイソーで台所用ゴミ取りメッシュ皿をゲット!


これを入れるだけ問題解決♫



これだと下側から効率よく空気を吸い込み、二次燃焼を妨げることはありませんでした♫

ウッドストーブ
4時間程ペレットと松ぼっくり・焚き付け材燃やしました
ウッドストーブ
残った灰

帰り際に灰を取り出しましたが、手のひらに収まる少量の灰だけでした。



やはり燃焼効率が良いので、無駄にゴミが多くならずに済みますね♫

ネイチャーストーブの注意点

スパッタシート

ネイチャーストーブだからといったことではありませんが、焚き火をする際、直火禁止の場所や、地面に大きなダメージを与えそうな場所ではスパッタシートなどの使用をおすすめいたします。



オラも過去にこのストーブを芝生の上で使用したことで、かなりバッシングされたことがあります。



「芝生を焦がすだろ!」って声をいただきました。



数回使っていて問題ないだろうと考え、芝生でも導入(Youtube動画)しました。後に数回検証を重ねた結果、このストーブ自体は焚き火程度であれば、底面が40℃程度しかならないので地面への影響はほぼ無いと思われます。


もし気になる方は、100円ショプで売っているステンレスのトレイを購入して水を張って、その上で火遊びいただければ全く問題ないかと思います。オラも知人に教えてもらってたまにやりますが、全く問題はありませんのご安心ください。


ちなみに当時はスパッタシートをしていなかったので反省して即導入しました。

メリット&デメリット

ウッドストーブ

メリット1:コンパクトで楽チン

これにつきますね、とにかくコンパクトになるし軽いし、気軽に火遊びが楽しめるサイズが◎Σ(●・`ω・)b Good!!


メリット2:燃料代があまりかからない

やはりサイズが小さいこともあり、大きな燃料を必要としないため、燃料は山に転がっている松ぼっくりや枝、それにペレットのような燃料も使えるので、夏は薪を買うことはほぼないかもしれません(汗


デメリット1:常に燃料を継ぎ足さないといけない

あえてデメリットとしてあげるなら、コンパクト=燃料の量があまり入らないということで、常に燃料を継ぎ足さないといけない。



でもこれは火遊びの醍醐味でもあるので、マイナス要素ではないのですが、あえてあげるとするとその程度。もちろん数人で満足いく暖をとれませんが、そもそもそれは目的ではありませんしね♫

アルコールストーブを入れてみた

ウッドストーブ

ネットで見かけたのでやってみたが、これはネイチャーストーブが単なる”風防”となるだけで、これといってメリットらしいメリットは見出せなかった。

あの製品に似てませんか?

ウッドストーブ

今更ですがこのネイチャーストーブは、あの”solo stove”のタイタンにクリソツです。いわゆる中華特有のパクっちゃったのね?ってアイテムですね(^_^;A

タイタン本体底面

見ての通り見た目もサイズもほぼ同様で、見た目での違いはタイタンの中の底面が異なる程度かと。

他にも気になるコンパクトストーブ

VARGO(バーゴ)

VERGO
メーカーVARGO
商品名チタニウム ヘキサゴンウッドストーブT-415
使用時サイズ約76(上部)×127(底部)×高100mm
収納時サイズ18×17cm
重量120g
材料チタン
価格6,200円(209.8月現在 密林価格)

DOD 秘密のグリルちゃん

メーカーDOD
商品名秘密のグリルちゃん Q1-506
使用時サイズ約W340×D300×H180mm
収納時サイズW300×D70×H50mm
重量約590g
材料ステンレス
価格5,546円(209.8月現在 密林価格)

特にDODの秘密のグリルちゃんは、ソロキャンプでこじんまりと焚き火を楽しめそうなサイズ感なんで、次なるターゲットであることはここだけの秘密です♫

まとめ

ウッドストーブ

グルキャンなどで見かけるダイナミックな火遊びはできませんが、ソロでしんみり火遊びするには最適なサイズといっても良いのではないでしょうか♫



本来こちらのアイテムを使用される方は、最低限の荷物をカバンに押し込んで、誰もいない山や海に向かい野営を楽しむバックパックキャンプの方やバイクでキャンプを楽しむ方に最適なアイテムかもしれません。



昨今ではオラのようにオートキャンプ場に車でやってきては、一人でキャンプを楽しむ”ソロキャンパー”が増えています。
車なので大きな焚き火台も積んでこれるのに、なぜコンパクトなネイチャーストーブが必要なのか。



それはソロキャンプを経験した者のみが味わえる特権かもしれませんね♫

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク