日除け ・ 風除け ・ 目隠しに最高 カモフラージュネット はコスパの良い万能アイテムだった

カモフラージュネット

おはこんばんはグリキャンです♫



GWは代休をもらって1週間ほど休んでおりました。


コロナで緊急事態宣言が出てましたが、なんだか3回目ともなると抑止力もなくなり、「なんか効果なくなってねェ?」って感じましたが、皆さんはいかがでしたでしょうか。

オラは事情があって免疫を抑える薬を飲んでおり、普通の人より数十倍ウイルスに弱い状態のため、GWもほとんど自宅からでませんでした。皆さんのキャンプツイに癒されながら我慢の1週間( ´ •̥ ̫ •̥ ` )





手洗い、うがい、アルコール消毒、常時マスクをして、外食は極力しないなど徹底しているので、いまのところコロナになることもなく無事に過ごせております(*´∀`*)b.:゚+♪






皆さんもキャンプ我慢されている人多いと思いますが、なんとか乗り切っていきましょー♫

っということで、本日はいかにクッソ暑い夏キャンプを快適に過ごせるかってことで、色々と密林や楽天をウロウロしておりまして、クレイモアの扇風機を導入、、、いやいやタープを新調か?、、、いやいやそんな金はないってことで、ふと思い出したのがコレ

カモフラージュネット

密林でポチったのは結構前になんだけど、夏になると不定期にキャンプに持ち出して使うアイテムです。実はコレ、結構な万能アイテムで日除け・風除け・目隠しなどなど、キャンプで必要な要素をかなりもっているんです♫



カモフラージュネット (以下:カモフラネット)の本来の目的は、森林やジャングルなどで、自然に溶けこみ動物や他の人から身を隠すために使われるヤツ。オラも年に数回程度しか使わないアイテムだけど、安価で手に入ってわりかし良い仕事をしてくれるので、今回オラの個人的な使い方として紹介します。

柄も豊富でとにかく安い カモフラージュネット

カモフラージュネット

だいたい1,000〜3,000円程度で入手できます。サイズによって価格にバラつきありますが、購入するなら最低でも縦横3〜4mある物をおすすめします。小さすぎると大した効果が得られません。

カモフラージュネット お好きな方は小さいのもありますョw

ま、小さくても使い方は様々ですよね、軍幕の中でコレだったら最強でしょwww

ちなみにオラが購入したのがコレ

カモフラージュネット

たしか約2年前に購入、現在も元気に密林で販売されているようなので、気になる方はポチしてみてくださいw

カモフラージュネット

ちなみにオラは2×3mで少し小さく感じたので、もう少し予算をオンすればワンサイズ大きな カモフラージュネット をゲットできるかと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

メーカー名不明
商品名迷彩柄 カモフラージュネット
サイズ2×3m
重量100g程度
価格¥950(税込)
※メーカーにて商品改良により価格を含む詳細設定が変更されている場合があります。購入の際はメーカー・販売店にご確認ください。

カモフラージュネット 日除けに指摘!強い陽射しも遮ってくれます

カモフラージュネット

カモフラネットのみでも陽射しはカットできますが、見てのとおり単品では完全に日除けにはなりません。やはりタープやテントなどと組み合わせて使わないと、日除け効果も半減します(*´∀`*)ナルホド

こんだけ穴あいてりゃそらそうだろうよw




だからといって「なんだダメじゃんコレ」っと思うなかれ!タープを張っていても地面からの照り返しを遮ってくれたり、タープサイドからの陽射しを和らげてくれます。




陽射しを遮り、気持ちいい風を通してくれるので、夏は特に重宝しますよ(゚∇^d) グッ!!

カモフラージュネット 適度な風除けがキャンプにちょうどいい

カモフラージュネット

タープ下でくつろいでいる時に風が強いと落ち着かないですよね。よく紙コップや皿が宙を舞うのを目撃します。季節の変わり目は特に突風が吹いたりで不意にこられると砂埃で料理がダメになったり、最悪は調理中のコンロの火も消えていたりと危険も潜んでいます。


見た目も無骨感タップリなので、ちょっとゴリゴリすぎてダメって人は、ホームセンターなどで販売されているサンシェードを使うってのも良いかもしれませんね。

サンシェード各種

カモフラージュネット 目隠しにもなるのでストレス半減

カモフラージュネット
カモフラージュネット

最近はキャンプブームもあっってか、キャンプ場も平日でさえ賑わっている様子。休日のフリーサイトともなると隣のサイトが1m横なんてことも珍しくありません。


家族やカップルでキャンプされている方、また、最近では女性のソロキャンパーの方も増えているのでプライバシー面で不安をかかえている人も多いはず。カモフラネットを使えば、意外と外からは中の様子が見えないのでストレスも半減されるのではないでしょうか。



逆に中からは外の状態が見えるので誰か通っても対策しやすくなります。



なお、夜になると逆転して中がよく見えちゃいます。スマホで「おっ◯いキャンプ」や「ゆるキャン」など見ていたら即バレしますので注意しましょう。
※オラは気にせずビール🍺片手に楽しんでいますがw

カモフラージュネット の本来の使い方

カモフラージュネット

何が?って話なんですが、カモフラージュするから” カモフラージュネット ”な訳で、こんな感じで白くてクッソ目立つテントにネットを被せて、外部の人や動物に見つからないようにするアイテム。先述しているように日除けや防風などといった機能もあるけど、言葉だけで片付ければ”隠れ蓑”ってことですね。


っとはいうものの、これでも直射日光を遮ってくれてるので、幕内の気温も気持ち低くなるので気になる方はお試しアレ♫

Good Point

  • 安くて種類も多くお試しするには最適
  • サイドからの照り返しが抑えられて過ごしやすい
  • 外からの視線が気にならなくなった
  • 強風は抑えて適度に風を通してくれる

Bad Point

  • 迷彩タイプなので好みは分かれる
  • 軽いのはいいが、思った以上にかさばる

夏大活躍すること間違いない カモフラージュネット

カモフラージュネット

年中使えるアイテムだけど、特に活躍するのが夏かと思います。実際2シーズン導入して主に日除けとして使ってました。普段はポリコットンのタープで快適ですが、サイドからくる太陽の照り返しは眩しいし日焼けするし、オマケに暑いとなれば夏キャンプも楽しめませんよね。

夏は暑いからとキャンプをお休みする方もいますが、こういったアイテムを導入することで、少しは過ごしやすい夏キャンプを楽しめるんではないでしょうか。

AD
AD